逃走中好きのkjのブログ。

逃走中放送までおよそ60日!?

自作逃走中 キョンシー大暴走! part9

お詫び:確保数に誤りがありました。AMOさん確保で残り11人、クロちゃん確保で残り10人が正解です。
(ゲーム開始当初からHIKAKINさんを残り人数に算入してあります)


前回:自作逃走中 キョンシー大暴走! part8 - 逃走中好きのkjのブログ。
次回:自作逃走中 キョンシー大暴走! part10 - 逃走中好きのkjのブログ。
~~~
安村「メールが来ました。えーっと、ミッション3。」
大沢「エリア2ヶ所にハンターボックスを設置した。残り40分になると放出される。」
飛鳥「阻止する為には暗証番号をボックスに入力しなければならない。」
二階堂「なお暗証番号はエリア外にあり・・・!?上空のヘリの映像で確認しなければならない。ヘリの映像はリアルタイムで腕のモニターに映し出される。」


MISSION! ハンター放出を阻止せよ!
エリア2ヶ所にハンターボックスを設置した。
ゲーム残り40分になると最大で2体のハンターが放出される!
阻止する為にはボックスに暗証番号を入力しなければならない。
なお暗証番号はヘリの映像に映し出される。
その映像は腕のモニターからリアルタイムで映し出される・・・。


小宮「やっと俺の活躍できる場面が来ましたよ。視聴者の皆さん、小宮フィーバーです!」
カメラマン「ゴミ屋ですか?」
小宮「いや小宮だよ!滑舌が悪いんですよ!」


飛鳥「全ミッションに挑む。謙司より少しでも上に立ちたいので。それにハンターは1体でも少ない方がいいので。」
二階堂「そろそろ活躍しないと、『YOU、隠れんぼしに行ったのか?』って言われそうなんで(笑)」
安村「合計6体はマズイ。少し疲れも回復したんで、もう死にもの狂いで見せ場作ります!」


ミッションに動き出したのはこの4人!
但し・・・エリアには4体のハンター。捕まれば意味が無い!


大沢「そういえばハンターボックスの場所ってどこですか?」
カメラマン「そこから探さなければいけないっていう・・・」
大沢「うわ~、それはキツイよ~。」


安田「2体も増えるのはヤバイけど・・・。闇雲に動いたら絶対捕まる筈なので・・・。」
女性陣は動かない方針のようだ・・・。


二階堂「とりあえず今自分は・・・っとハンターだ。」
キスマイ二階堂の行く手にハンター。背を向けているので気づかれてはいない・・・。



振り返った・・・!



気づかれなかったようだ・・・。
二階堂「あっぶねーーー。」
本日3回目のピンチを乗り切った強運のジャニーーーズーーー・・・。


そしてその頃ミッションに無関心な男が・・・
川谷「自首電話ってこの橋の先ですよね?」
自首用電話まであと70mの所まで来ていた!


その川谷の近くに2体のハンター・・・。
川谷「それじゃあ僕はこの辺で・・・あれ?」
川谷が見つけたもの・・・それが!


大沢「どこですか?・・・・・・うわ~、それはキツイよ~。」
飛鳥「阻止する為には暗証番号を・・・」


川谷「ハンターボックス・・・見つけちゃいました。」
なんとハンターボックスの1つは自首用電話の近くに置かれていた・・・。
川谷「とりあえずこの場所をチャットで送ろうと思います。」


ピコン!
AYA「川谷さんからチャットが来ました。」
安田「『ボックスが水辺のレストランにあります』。あ、1つ見つけたんですね!」
安村「川谷さんがそっちに行ってくれるなら、多分もう1つは右の方(東側)にあると思うので、そっち探そうかな?」


が、当の川谷は・・・
川谷「もう僕の役割は終わり。自首します。」
しかし・・・

=ハンター =自首用電話 川谷


ミッションに手を出してしまった為、ピンチに陥った・・・。
07OF「・・・」 18VH「・・・」
川谷「あれ、あそこにいるのハンター?」
川谷が背後のハンターに気がついた。
が、前方のハンターに気がつかず・・・突っ込んでいった!


川谷「自首!自首!・・・電話ついた・・・。」
自首用電話に辿り着いた川谷だが・・・


_________
L KAWATANI
  _________


川谷「早く、早く・・・」


川谷絵音 確保
残り9人


川谷「えっ・・・?」
自首のタイミングが少し遅かったようだ・・・。


HIKA「川谷さん確保ーーー!逃走者の数は半分になりました。」
大沢「やっぱ不倫する人は捕まるんだよ。」
「・・・興味ね。」


ミッション終了までおよそ6分・・・。
現在逃走者はこのように分かれている。


安村二階堂飛鳥小宮―→ボックスを探す
女性逃走者―→番号を確認
HIKAKIN―→ゲーム時間短縮ボタンを押しに行く


そして9人目の逃走者は・・・
「・・・」
鈴木・・・だ・・・。


カメラマン「ミッション行かないんですか?」
「逆に何で行かなきゃいけないんですか?」
カメラマン「えっ・・・だってハンター増えたら・・・」
「誰か行ってくれるだろ!だいたい。」


そしてヘリが暗証番号の上空に差し掛かる・・・。
安田「あれ?数字が書いてあります!えっと・・・739、739ですね。」
AYA「739。」
大沢「番号ゲットしました。チャットに上げましょう!」


ピコン!
安田「あれ?あかねさんが上げてますね。」
HIKA「番号は・・・7~3~9~。」
飛鳥「これを打ちにいけばいいんですよね?」


しかし未だもう1つのハンターボックスが見つからない!
果たして2体のハンター放出を阻止できるか!?
~~~
本家の放送まで残り2週間、ってところですね。
大学が舞台ってことは・・・聖地巡礼ムリそうです(涙)
某有名ブロガーさん風に結果記事を書きたくなる。
それではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。